西宮市社会福祉協議会

留守家庭児童育成センターとは

留守家庭児童育成センター(以下「育成センター」)は、就労等により昼間、家庭に保護者がいない児童に、放課後や夏休み等の長期休業期間中、適切な遊び及び生活の場を提供し、健全な育成を図るため、市が設置している施設です。西宮市社会福祉協議会は西宮市より育成センターの指定管理者として指定を受け、運営を行っています。

育成センターの活動

育成センターには専任の指導員が複数配置され、子どもたちに集団遊びを通じた生活指導や、日常の自主学習、
その他児童の健全育成を図るためいろいろな活動を行なっています。育成センターには学校からランドセルを持ったまま
「ただいま」と帰ってくる子ども一人ひとりに「おかえりなさい」とむかえてくれる先生(指導員)がいます。
指導員は安心、安全に過ごせることを第一にサポートを行ない、子どもたちは外遊びをしたり、室内で本を読みながらくつろいだり、
様々な取り組みを通して楽しい放課後を過ごしています。なかでもみんなで一緒にいただく”おやつ”を子どもたちは楽しみにしています。
また、夏休みなどの一日保育では施設外行事(遠足)に出かけたりすることもあります。

利用案内

※西宮市社協が運営する育成センターはこちら >>

利用対象 小学校1年生から3年生の児童

※令和2年度については、西宮浜・高須・山口・今津・甲東・段上・段上西の7センターで4年生も受け入れます。詳しくは「4年生利用について」をご覧ください。
※特別支援学級・学校在籍か、療育手帳又は身体障害者手帳を所有している場合は6年生まで利用できます。

対象施設 24小学校の49施設(浜脇、用海、香櫨園、鳴尾、鳴尾東、甲子園浜、上甲子園、大社、夙川、高須西、高木、高木北、苦楽園、深津、津門、瓦木、平木小学校を除く)
利用時間等 小学校の授業日は、下校時から午後5時又は7時まで(※)
長期休業および学校休業日(土曜日除く)は、午前8時から午後5時又は7時まで(※)
土曜日は、午前8時から午後5時まで
(※)平日及び、学校休業日(土曜日は除く)は午後5時から7時までの延長利用が可能です。延長利用を希望される場合は、別途「延長利用申請書兼誓約書」を提出してください。
育成料 月額8,200円

※育成料、延長利用料金などについてのお問い合わせ:
西宮市役所 育成センター課(0798)35-3659

おやつ代、行事費 月額2,500円

※おやつ代についてのお問い合わせ:
西宮社協育成センター事業課(0798)36-7127



 

お問合せ先

電話番号

西宮市社会福祉協議会 育成センター事業課
〒662-0913
西宮市染殿町 8-17   西宮市総合福祉センター1階
TEL(0798)36-7127

 

令和元(2019)年度 留守家庭児童育成センター利用者調査結果

※令和元(2019)年度 育成センター利用者調査結果報告書

事業紹介

小地域福祉活動
ボランティアセンター事業
高齢者等支援関連事業
青葉園事業
育成センター事業
相談