西宮市社会福祉協議会

会員会費制度

会員会費制度

社協会員とは?

西宮市社協では、多様な団体や個人が、主体的な参加により地域福祉推進のために連携・協働するとともに、会員会費により自主財源の確立を図ることを目的として、社協活動を財政面から支えていただくサポーター(会員)を募集しています。
会員になることで権利や義務が発生するものではなく、社協活動を財政面からご支援いただく“支え合い協力金”です。ぜひ、会員として社協を応援して下さいますようお願い申し上げます。
ご協力いただきました会費は、地域福祉活動を推進するための事業や会員会費制度の普及並びに広報活動に活用されています。

 会員会費については 西宮市社会福祉協議会 総務課へお問合せください。

会員会費についてのお問合せ

 

会員の区分及び会費額

区分 会費額
地域福祉推進地区組織 年額 10,000円
賛助会員 個人 年額1口   500円
団体 年額1口 5,000円

※各地区社協が行う賛助会員に関する会費は、地区社協が実施する多様な小地域福祉活動に活用されます。

 

会費納入(会員加入)の方法

会員の募集は、年間を通して行っています。納入は、主にお住まいの地域にある各地区社協の関係者が地域に沿った形で行う募集を通じて納入していただく方法と、市社協事務局に直接納入していただく方法があります。各地区社協に納入していただいた場合、会費の全額が、その地区社協の活動費になります。

会員会費制度 Q&A

Q制度の趣旨を説明して下さい。
A 社会福祉法において、「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」として位置付けられている社会福祉協議会の活動について、一人でも多くのの方々にご理解・ご賛同を得て、そのお気持ちを会費という形でご協力いただき、より一層社協の助け合い・支え合いの福祉のまちづくり活動を支えて下さるようお願いするものです。
Q募金とどう違うのですか?
A 日本赤十字社会員増強運動は、災害救護活動・国際救援活動・医療事業・社会福祉事業等の活動を行うため、赤十字の創立の月にあたる5月を「赤十字会員増強運動月間」として、理解と協力を求めています。  共同募金は、社会が大きく変化する中で、様々な地域福祉の課題解決に取り組む民間福祉団体を支援する仕組みとして、10月を中心に運動を展開しており、施設福祉と地域福祉の増進に活用されています。  歳末たすけあい募金は、支援を必要とする人たちが年末年始に地域で安心して過ごしてもらうことができるような活動を支援するため、12月に募金を呼び掛けています。  それぞれの募金活動においては、社協の活動趣旨と共通する面もありますが、実施主体は社協でないため、社協の主体性を十分に発揮できる活動への活用には限界があります。  それに対し、「会員会費」は、全てを社協の自主事業に活用でき、より地域に密着した事業の展開に活用が可能となります。また、会員になることにより、地域の支え合い活動に参加・参画していただく意識が事業の推進に大きく寄与するものと考えます。
Q加入促進のために、会員に何か「メリット」を設ける必要があると思いますが?
A 会員会費制度は、「お互いの支え合い」の精神に基づくものであることから、基本的には「メリット」を設けることは馴染まないと考えます。助け合いのお気持ちで一緒に地域福祉を推進していくための制度であるということをご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

加入団体一覧

R01年度加入団体一覧はこちらへ

H30年度加入団体一覧はこちらへ

 

皆様のご協力ありがとうございました。
今年度も引き続きサポーター(会員)として社協を応援していただきますようお願い申し上げます。

 

事業紹介

小地域福祉活動
ボランティアセンター事業
高齢者等支援関連事業
青葉園事業
育成センター事業
相談